その想像力がAB型の武器!リスニングさえ出来れば後は根性?


  世の中、「外人の友達を作ってしまうのが英語学習の一番の近道!」と 上級者は言います。しかし、正直外人さんの友達を作るのは難しい・・そのチャンスすら見つからず 悩む人多し・・・しかし、ことスピーキングに関しては、AB型特有とも言えるその豊かな想像力で 頭の中で勝手に会話を進める事が出来るかも知れません。
  ただ、想像の世界で話している限り、一生リスニング力は身に付きませんし、 ましてやそのスピーキングの正誤を正してくれる人が居る訳でもありません。
やはり誰かその上達をサポートしてくれる人は必要そうです。

  リスニングに関して言えば、A型もそうなのですが、余り細部に拘り過ぎて 大意を追い忘れ無い事。
やや「質より量」の考え方を軽視しがちなAB型は、リスニングに一番悩みます。 でもリスニングに関して言えば「質より量」なのです。 それも、TOEICなどの標準的な発音ばかり聞いてるのでは実際の会話に付いていけません。 色々な発音に触れる事も大事だと言う事を知っておきましょう。
  また、スピーキングですが、こちらは上でも語ったように1人で会話を 練習するのは、4血液の中では相対的に一番得意と思われます。
今まで身の回りに起こった出来事などを箇条書きにし、それを1人で喋る練習をしてみましょう。 また、もし外人さんと雑談する機会に恵まれたのなら、難しいですが自分の練習した内容の 会話に引き込めたり出来ると言う事ないです。一度「通じた」と感じた英語は深く記憶に 染みつきます。挑戦してみてください。
  最後に英文法ですが、比較的理屈には強いAB型です。 問題は無いのですが、「口語で話されている英語」は「文法的に正しい英語」とは 随分と違うところが多いです。このサイトでも特に英語学習者を悩ませるところは 列挙していますが、実際回答を見つけようとしても無駄に時間を費やします。 どこかにメモでもして、来るべきチャンスに誰かに聞いてみましょう。
  最後に、英単語で伸び悩む方が一番多いのもAB型かも知れません。 一番地道な努力が必要なのが英単語なのですが、まとめてやったら辛いのは当たり前です。 ちょっとずつ覚えて、ちょっとずつ使いながら記憶に残していきましょう。


血液型占いで人生を変える!」TOPページに戻る